こんにちは、柴山壽子です。
本日はお子様の問題についてお話しましょう。

柴山壽子の家相コラム 2014年6月 子どもの無気力を改善 やる気にさせる方位は?最近のお子様は「無気力」な子たちが多いですね。
それに頭を悩ませているお母様たちがたくさんいると思います。

  • 「将来なりたいものが何もない」
  • 「何にも興味がない」

そんなお子様が増えています。
私のところに相談に来られるのは高校、大学進学や就職活動の時、その時に初めてお子様の無気力を知るご両親も少なくありません。

実はもっと前からその兆候があるはずなのです。
できるだけ早い段階で気付いてあげるようにしましょう。

さて本日はそんな無気力な子どもにさせないために、
お子様におすすめの方位をご紹介しましょう。
吉方位に該当する時、家族旅行で行かれたりするのも良いでしょう。

やる気アップには東方面を

東方面は「やる気アップ」「活動力アップ」の方位です。
この方位を取ると

  • 行動力が増す
  • ファイトがわき元気になる
  • 積極的な気持ちになる
  • 才能運が高まる

などの作用があります。
特に若い方は積極的に取ると良い方位の一つです。
何をしたら良いのかわからない時や、うじうじと悩んでいる時、自分は何に適しているのかわからない時、とにかくやる気を出したい時には最適です。

物事をやり遂げる子にするには西南方面を

西南方面は「忍耐力」「努力」の方位です。
この方位を取ると

  • 物事をやり遂げる
  • 耐え忍ぶ
  • 我慢できる
  • よく努力するようになる

などの作用があります。
こちらも若い方におすすめの方位です。
途中で投げ出す癖がある方や辛抱ができない方、怠け癖のある方には最適の方位です。

子どもの勉強部屋は

小さい頃は明るく日当たりの良い東~南方面のお部屋をおすすめしています。
また昔からのスタイルで、小さいうちは特別に勉強部屋(子ども部屋)を設けなくともよいと考えています。
リビングや台所付近で宿題をさせると家族とのスキンシップもとれるのでおすすめです。
またある程度集中して勉強しなければならない学年になったら、やはり東~南にかけて、
また北向きのお部屋は落ち着いて勉強がはかどります。

夢中になるもの、集中するものを好きにやらせる

出身校で線引きがある時代になってしまいましたが、それは一生サラリーマンをされるならの前提です。
しかし、実際には社会に出てからは勉強できた、できなかったはあまり関係ありません。
勉強できる、できないはあくまでも一つの目安にしかならず、
勉強さえできれば、いい大学さえ出れば、いい会社に入れれば一生安泰という時代ではなくなってしまいました。

それよりも「考える力」「忍耐力」のある人、「機転が利く」方が伸びていきますし、出世していきます。
子ども達には是非、いろんな経験、失敗を学ばせ一つでも夢中になれるもの、「これが大好きなんだ」と思えるものを見つけられる環境で育ってほしいと思います。

「好きこそ物の上手なれ」という諺がありますが、本当にその通りだと思います。
ご両親の価値観や物差しで子ども達を縛らないことが大事ですね。

—————————————–

●大好評発売中 方位学がよくわかる「本当の方位学・気学教えます」はこちらからご購入いただけます!

9784779007491

 

柴山壽子の開運メルマガはこちらから
※毎月の運勢やコラムでは掲載していない情報を配信中
みなさまからのご質問も常時受け付けております
柴山壽子事務所 問い合わせ先 0120-30-5558 info@daikaiun.com