20150529

 

こんにちは、柴山壽子です。

先日
「子育てに色々お金がかかるので私が働くしかないんです」
と、産休中のご相談者様から連絡が入りました。

聞けばご主人の収入もあるけれど、
子どもに不自由なく習い事や勉強をさせてあげたいから
少しでも稼ぎたい、との事。

「収入に見合った生活でいいじゃない、
無理して習い事させるのは私はおすすめしないわ」
とアドバイスしました。
実際に1歳位から他人に預けた結果、親子間の問題、子供のトラブル、心の問題に発展してご相談に来られる方が多いんです。

特に、贅沢をしなければご主人の収入でやりくりできる場合、
このような場合は少しの間我慢して子育てに専念して欲しいと思います。
特に習い事、勉強は子供にさせてあげたい!という気持ちはわかりますが
子供が自発的に言ってきたら考えればいいのです。

子どもを産んで育てるのは確かに大変です。
お金もかかりますがミルク代、おむつ代、光熱費、洋服代等々
それでも月に2~3万円前後でしょう。

何よりも後で後悔しても取り戻せない「子供との時間」
を大事にして欲しい!と強く言いたいです。

パートでも正社員も働くためには経費がかかります。
・保育園の費用
・化粧品代
・洋服代
・食事代、交際費
・交通費

3歳未満だと保育園の費用も高くなります。
収入からこれだけの費用を引いたら、いくら残りますか?

知人に保育士がいるのですが彼女も
「どうしてこんな小さい子を他人に預けて働くのか、(費用がかかって)いくらも残らないのでは?」と言っています。

子供が生まれた瞬間からもうお母さんなんです。
独身時代とは違います。
同じように自由にできない事があって当たり前なんです。

また、子供に不自由なく習い事、勉強・・・という気持ちはよくわかりますが
無理してカツカツの中で費用を捻出して、
もし後で子供が「辞めたい、やりたくない」と言ったとき、
「一生懸命働いて通わせたのに・・・」という気持ちが生まれてしまいます。

そんな気持ちになったら子供もお母さんもお父さんも不幸せでしょう。

お金の問題って悩む方が多いですが
「無理せず見合った生活を」と考えれば
難しい話ではないのです。

 

●大好評発売中 方位学がよくわかる「本当の方位学・気学教えます」はこちらからご購入いただけます!

9784779007491

 

柴山壽子の開運メルマガはこちらから
※毎月の運勢やコラムでは掲載していない情報を配信中
みなさまからのご質問も常時受け付けております
柴山壽子事務所 問い合わせ先 0120-30-5558 info@daikaiun.com