20150703
「心を強くしたい」
「メンタルを強化したい」
弱い心は不運を呼び込む原因です。

ちょっとした事で落ち込む、
同僚や上司、彼女や彼に言われた言葉をいつまでも忘れられない、
クヨクヨしてしまう、
不安が消えない、
そんな方は必読!

心を強くする柴山流の五箇条で
ちょっとしたコツを掴んでみてください。

■細かなことを考えない
まず大事なのはこれです。
チマチマと小さな細かい事は考えない!
見えない先の不安を考えないこと、
過ぎた過去の事を後悔しないことです。

そもそも今悩んでいることは考えて答えがでるような悩みでしょうか?
考えても答えが出ないような事を悩む時間が勿体無いでしょう?

そんな時間があるなら寝てた方がまだマシ!!
美味しい物を食べたり、趣味を楽しんだり、友人と飲みに行ったり
もっと自分が喜ぶ時間に使ってみましょう。

■何事も良い方に解釈、妄想する
何か言われても良い意味に
捉える訓練をするといいでしょう。
思い込みは激しい方がいいのです、もちろん良いほうに。

例えば、ある人から嫌がらせをされた場合、
「あの人、私のこと興味あるんだ、気になってるんだわ」と考えるのです。

たしかに何も思っていなければ嫌がらせなんてしませんよね。
興味がある、気になるから嫌がらせするんですから。

■完璧を求めない
すごく目標が高い人や
自分自身にプレッシャーをかけている方、
プライドが高い方は多い傾向です。

「〇〇せねばならぬ!」の考え方は
早く止めた方がいいです。
がんじがらめになり自分が後悔します。

完璧じゃなくて当たり前、
失敗があるからより強くなれるのです。

■失敗することを怖がらない
ガンガン失敗することです。
私の立場上、成功させることが仕事ですから
ご相談に来られた方には『失敗しなさい』とは言いませんが、
若いうちは失敗すること、挫折することを覚えることが大事。

むしろ一度も挫折したことがない方が
社会に出る方が怖いです。

■人の目を気にしない、人によく思われようと思わない
人にどう思われてもいいじゃないですか。
万人に好かれる人なんていないですよ。

自分は自分、人は人。
どう思われるか、どう見られるか、どう評価されるかなんて、いちいち気にしないことです。

柴山壽子の開運メルマガはこちらから
※毎月の運勢やコラムでは掲載していない情報を配信中
みなさまからのご質問も常時受け付けております
柴山壽子事務所 問い合わせ先 0120-30-5558 info@daikaiun.com