本日は前回からの続きになります。
私たちの心は一つの霊、そして四つの魂があるというお話しをしました。

この四つの魂は

  • ● 荒魂(あらみまた)
  • ● 和魂(にぎみたま)
  • ● 幸魂(さちみたま
  • ● 奇魂(くしみたま)

にわけられていて、それぞれ違う働きをしています。
どれもバランスよく成り立っていて、全て磨かれていると良いのですが

  • 落ち込んでいる時
  • やる気が起きない時
  • なんとなく気分が晴れない時
  • イライラ、モヤモヤする時

こんな、いわゆる「ネガティブ思考」のときは荒魂が弱まっています。

また最近多いのは「奇魂」ばかりが強い方
どんな方かと言うと

  • 分析や批判はするがまったく行動しない人
  • ネットやゲームの世界にハマリ外に出ない
  • マイナス思考が以上に強い
  • 引きこもり
  • うつ気味

column201430「気分が晴れない時、落ち込んだ時に立ち直れる方法 その2」場合によっては目に見えない霊的な世界に魅了されてしまう方も多いようです。
引きこもりなども典型的ですね。
このケースもやはり荒魂を磨く必要があります。

ではどうすれば「荒魂」は磨かれるのでしょう?

答えは実に簡単、
【身体を動かすこと】です。

身体を動かすことで余計な雑念や、ネガティブな思考が取り払われ
頭も身体もスッキリします。
誰でも「汗をかくとスッキリした」という経験があると思いますが
まさにそれ、何も考えずにただただ身体を動かすのが荒魂を磨く最も効率のよい方法です。

  • スポーツをする
  • 汗をかく程度に歩く、散歩する
  • お掃除する
  • 雑巾がけをする

など家の中にいても簡単にできるので
「なんだか疲れたな」
「やる気が起きないな」
「落ち込んでどうしていいのかわからない」
という時ほど、思い切って身体を動かしてみましょう。

column201430「気分が晴れない時、落ち込んだ時に立ち直れる方法 その2」「そんな気分になれない・・・」
という声が聞こえてきそうですが、
早く気分を晴れやかにしたいと望むなら、この方法が一番です。

ちなみにわかりやすい例を挙げると、スポーツ選手は荒魂がよく磨かれています。
彼らはとても元気で爽やかですよね。
またあれこれ余計な事を考えず、直感的に行動している方が多いです。
よいエネルギーに満ちている証拠です。

column201430「気分が晴れない時、落ち込んだ時に立ち直れる方法 その2」長い経験の中で、自分流の解消法をお持ちの方も多いと思います。
それでもどうしても頭が切り替えられないという時は是非この方法を試してください。

 

 

●大好評発売中 方位学がよくわかる「本当の方位学・気学教えます」はこちらからご購入いただけます!

9784779007491

 

柴山壽子の開運メルマガはこちらから
※毎月の運勢やコラムでは掲載していない情報を配信中
みなさまからのご質問も常時受け付けております
柴山壽子事務所 問い合わせ先 0120-30-5558 info@daikaiun.com