昇殿参拝の注意点、「玉串奉奠(たまぐしほうでん)」の作法をご案内します。

1.昇殿した際の座る位置

昇殿した場合は参道の歩き方と同様、中央は避けてお座り下さい。真ん中は神様の通り道です。

2.「玉串奉奠(たまぐしほうでん)」の作法

玉串奉奠とは、自分の御心を玉串にのせて、神様に捧げるという意味があります。

玉串奉奠(たまぐしほうでん)01神主の方から玉串を渡されたら、根元を右手で持ち、左手を添えて持って下さい。
玉串奉奠(たまぐしほうでん)02次に玉串の葉先を少し高く持ち、神前に一礼します。
玉串奉奠(たまぐしほうでん)03その後、玉串を時計回りに回して、根元を自分の方に向けましょう。
tamagushi04時計周りに回し、枝元を自分の方に向け、左手を右手に重ねて祈念します。
玉串奉奠(たまぐしほうでん)05その後、右手で葉先を持ち、根元を神前にむけて下さい。
tamagushi06神前の机上に玉串をお供えし、二礼、二拍手、一礼(二拝、二拍手、一拝)し、席に戻ります。

 

以上が玉串奉奠の作法です。

玉串奉奠は難しいものではありません。
礼節をもって昇殿する事が大事です。

家で少し練習していくのもよいかもしれませんね。

なお、拝殿を出る時には、神前に向かって一礼を忘れずに行いましょう。

—————————————

●大好評発売中 方位学がよくわかる「本当の方位学・気学教えます」はこちらからご購入いただけます!

9784779007491

 

柴山壽子の開運メルマガはこちらから
※毎月の運勢やコラムでは掲載していない情報を配信中
みなさまからのご質問も常時受け付けております
柴山壽子事務所 問い合わせ先 0120-30-5558 info@daikaiun.com