Aさん(50代男性・会社員)

私は50代の男性で、専業主婦の妻と子供が3人おります。
先生のところに伺ったとき、私の家族はめちゃくちゃでした。
3人の息子全員が引きこもり、家庭内暴力で家の中は荒れきっていました。
このままでは、もし私が死んだら子供たちはどうなるのか・・・
いっそのこと私も仕事を辞めて、彼らと真剣に向き合わなければいけないのでは・・・
と悩んでいました。

息子全員が引きこもりに ~それまでの状況~

長男、次男、三男の全員が引きこもり、
学校にも行かない日々が数年続いておりました。
長男は成人を過ぎ、次男は高校生、三男は中学生。
最近では食事も自分の部屋、同じ家にいても顔を合わせることがほとんどありません。

今の家を建てるまでは、息子たちは元気に学校へ通っていたという事実
~家相を信じるようになった理由~

先生のお話で、なぜ今のような状況になってしまったのか、理由がよくわかりました。
すべてにおいて方位が影響していること、
私の家を建てた時期や方向が良くなかったことなど・・・
思い起こすと、今の家を建てる前までは、3人の息子は元気に学校へ通っていたのです。
これまで考えたこともありませんでしたが、家が持つ影響力を、この時痛感しました。
まだローンも残る中、予算内でどこまでのことが出来るのか―
先生は、親身になって詳しく話してくださいました。

また、先生とお話ししていくと、
自分が冷静な判断を失っていることにも気付かされました。
冷静に考えれば、私が仕事を辞めてしまったら1円のお金も入ってこなくなるのに、
私はずっと「もはや退職するしかない」と思い込んでいたのです。
通常の判断が出来なくなるのも方位の影響であることをお聞きし、深く納得しました。
「とにかく息子さん達が通常の生活が出来るよう、最善策を考えましょう」
こう先生に言われ、一縷の光がさしたように希望が湧いてきました。

予算内でできる最善のリフォーム

相談の後日、先生が建築士の方と一緒に家を見に来てくださいました。
まずお金をかけずにできる改善策を教えていただきました。
それから、息子たちの家庭内暴力で穴だらけの廊下や子供部屋、
他の部分も、予算内で出来る限りの修理・交換をするよう指導していただきました。
そして、悪い方位に動いていたので、
少しでもそれを解消できるような方法も教えていただきました。

息子たちに驚きの変化が!

工事が終わってしばらくして、長男に声をかけると、返事をするようになりました。
会話もコミュニケーションも皆無だった今までを考えると、嘘のようでした。
つづいて次男三男が食事を一緒にするようになり、
その後長男も一緒に食事をするようになりました。
一家そろっての食事は本当に久しぶりだったので、妻も私もとても嬉しかったです。

相談から半年後には、息子たちと一緒に旅行に出かけられるように

この変化には本当に驚いています。
少しずつ息子たちとの会話が増え、
先生に出会ってから半年後には、なんと一緒に旅行に出かけられるまでになったのです。
何年間も家から出ていなかったので、短期間でのめざましい変化が奇跡のようです。

先生に出会えて本当に良かったと思います。
あのとき相談に行っていなかったら、
きっと私も退職して家に引きこもり、何も解決できなかったでしょう。
的確な判断をいただけて、感謝しています。

・・・

【柴山壽子コメント】
引きこもりは近年、深刻な社会問題になっています。
そして引きこもりの方は、家庭内暴力も伴うケースが多いのです。

このお宅も子供たちがつくった穴だらけでした。
カーテンも閉め切り、暗くじめじめした空気が家を支配していました。

長い時間をかけての結果ですから、すぐになおすことは難しいですが、
少しずつ解消していけているようで安心しました。
リフォーム後にお邪魔させていただきましたが、
前とは比べ物にならないくらい、清々しいお宅に変わっていました。
お子さんはもちろん、Sさんと奥様も元気になられて、本当に嬉しく思います。

家が私たちに及ぼす影響は、良い影響も悪い影響もとても強力です。
ですから、良い影響を受けられる家づくり、家をととのえることが
とても大切なのですよ。