(Yさん 80代・男性)

高齢でのガン発病
身体に負担がかかる治療は避けたい

数年前にガンの手術をしたYさん、
その後の定期検査でひっかかり医師から抗がん剤治療を進められたそうです。
「高齢なので苦しい治療はさせたくない」と娘さんからご相談をいただきました。

私も娘さんの意見に賛成です。
抗がん剤も昔よりだいぶ良くなって副作用も軽くなったとは言われていますが、
Yさんは80歳、体力の事を考えると抗がん剤治療の選択は、
私も娘さんと同じ立場だとしたらきっと同じ事を言います。
Yさん本人もできれば抗がん剤は避けたいとの事でしたから、
行ける範囲で無理せず祐気取りをしていきましょうというお話をしました。

運気を呼び込みながら、楽しみもできた

冬の寒い時期は無理をせずに、
暖かい時期やYさんご本人が旅行に行きたいという時に鑑定を続けておりますが、
定期検査の結果のたびにご報告をいただいております。
「今回も数値が上がっていないので様子を見ましょう」や
「今回は数値が下がっていて先生もビックリしています、次の検査は半年後です」
など嬉しいご報告をいただいております。

何と言ってもYさんご本人がとってもお元気で、
あちこちお出かけになるのも楽しいらしく、
時間が空くと「今月はどこに旅行に言ったらいいか先生に聞いて欲しい」
と仰る事もあるのだそうです。

遠方にお住まいなのでいつも郵送で鑑定させていただいておりますが、
お電話でお話しした時も声が生き生きされていました。
ご家族もたいへん喜んでくださっていますし、
Yさんが楽しい時間を過ごすのが、健康や免疫力アップに一番効果があると思っています。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
先日、娘さんとお電話でお話する機会があり、
体験談に掲載させていただいてよいかお伺いしたところ
「ぜひ、本当にお蔭様で父はとても元気です。
(数値が良いので)次の検査までの期間も長くて、本人にとってはそれも精神的に大きいと思います。
「また来月検査か・・・」と思わなくて良いのですから
どれだけ気持ち的に楽かわかりません。」
とコメントをいただきました。