あわじんじゃ

安房神社(あわじんじゃ)

安房神社(あわじんじゃ)

安房神社(あわじんじゃ)

安房神社(あわじんじゃ)

安房神社は千葉県館山市に鎮座されています。最南端にある神社で安房国一ノ宮です。創建は今から2670年以上前の神武天皇即位の年、660年です。

安房神社(あわじんじゃ)神武天皇の命令を受けた天富命(アメノトミノミコト)は豊かな土地を求め、阿波国(徳島県)に上陸し、そこに麻や穀を植え開拓しました。
その後、さらに豊かな土地を求めた天富命一行は黒潮に乗り、房総半島の南端に上陸され、ここにも麻や穀を植えられました。
この時に天富命は上陸地である布長浜の男神山、女神山という二つの山に自身の御先祖にあたる天太玉命(アメノフトダマノミコト)と天比理刀咩命 (アメノヒリトメノミコト)をお祀りされました。
これが安房神社の起源となります。

主祭神は天太玉命(アメノフトダマノミコト)、日本の全ての産業創始の神様です。
相殿神は天比理刀咩命 (アメノヒリトメノミコト)で天太玉命(アメノフトダマノミコト)のお妃様にあたります。
最初にこの地を開拓した天富命(アメノトミノミコト)は境内の下の宮にお祀りされています。

【一言メモ】
房総半島の最南端にある安房神社は、由緒ある旧官幣大社です。
開拓の神がお祀りされていますので、心願成就や合格祈願をはじめ、これから何かを始めようとしている方、始めたい方には最適な神社でしょう。

参拝されるとわかりますが清々しい空気に満ちていて心が洗われる気持ちの良い神社です。
緑も多く鳥のさえずりや風の音に囲まれてゆっくりとした時間を楽しむことができます。
ここの神社は山の湧き水と神聖な場所の砂をいただくことができます。
ご祈祷を受けられた方のみ頂くことができますので詳しくは神社の方にお尋ね下さい。

御祭神:天太玉命(アメノフトダマノミコト)
    天比理刀咩命 (アメノヒリトメノミコト)

鎮座地:千葉県館山市大神宮589番地
お問い合わせ先:0470-28-0034
安房神社のWebサイトを見る