ほどさんじんじゃ

家内安全・商売繁盛・火災盗難よけ

宝登山神社(ほどさんじんじゃ)|本殿

宝登山神社(ほどさんじんじゃ)

今からおよそ1900年前、日本武尊(やまとたけるのみこと)とその軍勢が宝登山に登って神霊を拝した
のが神社のはじめと伝えられています。
登山に先立ち身を清め、日本武尊は軍勢と山を登りはじめますが、途中山火事にあい行く手を阻まれます。
その時多くの巨犬が現れ、火を消し止めてくれ、無事山頂まで辿り着く事ができたそうです。

山頂に着いた日本武尊は”山の神のお使い”の犬たちに心から感謝し、神を祀るのにふさわしい立派な山とされ『火止山』ホドヤマと名づけられました。
そして神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと)・大山祗神(おおやまづのかみ)・火産霊神(ほむすびのかみ)の三柱をお祀りになりました。
日本武尊が登山に先立ち身を清めた泉は、今なお御本社後ろの玉垣内に『玉の泉』として残っています。

宝登山神社(ほどさんじんじゃ)また、山頂へはロープウェーで登ることができ、日本武尊が眺めた広大な景色が一望できます。
鎮座地である長瀞町はライン下りが有名で水も豊富、四季折々の自然が楽しめます。

宝登山神社(ほどさんじんじゃ)|奥宮祭宝登山神社で最も重要なお祭りは4月3日に行われる例大祭です。午前10時に献幣使を迎え、厳粛な祭典が行われます。境内では神楽、獅子舞など郷土芸能が奉奏されます。

【一言メモ】
ここの神社のご眷属は「山犬」です。
自然たっぷりの美しい神社です。
「男の神様」のパワーを感じるでしょう。

近場には有名な「かき氷専門店」があります。
雪解け水から作るかき氷で冬でも人気のようです。

御祭神:神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと)大山祗神(おおやまづのかみ)火産霊神(ほむすびのかみ)
例大祭:4月3日

鎮座地:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828
お問い合わせ先:0494-66-0084
宝登山神社のWebサイトを見る