ふしみいなりたいしゃ

商売繁盛・開運招福

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)

伏見稲荷大社は京都府京都市伏見区に鎮座されています。創建は奈良時代、711年、稲荷大神を祀る全国約4万社の稲荷神社の総本宮です。
ご祭神は宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)・佐田彦大神(さたひこおおかみ)・大宮能売大神(おおみやのめのおおかみ)・田中大神(たなかのおおかみ)・四大神(しのおおかみ)の五柱です。

稲荷山の麓に本殿があり、稲荷山全体をご神域としています。

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)|千本鳥居稲荷山の入り口から始まる千本鳥居は名所としても有名です。
奉納された約1万本の鳥居が狭い間隔で建てられ鳥居がトンネルのように続いています。
この朱色の鮮やかな鳥居は江戸時代に、願いが「通る」あるいは「通った」御礼の意味から
鳥居を奉納する習慣が広がりました。
ここから巡拝するお山巡りは約4キロ、約1時間位の行程です。


伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)|おもかる石参拝された際は是非お山めぐりをされるとよいでしょう。
奥社奉拝所には「おもかる石」があります。
お願い事をした後、その石を持ち上げたとき自分が予想した重さより重いと感じた場合は願いが叶いづらく、軽いと感じたら叶うと言い伝えられています。

【一言メモ】
稲荷神社の総本宮、狛犬に代わり大きな狐の像が迎えてくれます。
この狐は神様のお使い、「眷属」と呼ばれるものです。左は巻物、右は宝珠と口にくわえている物が違います。
稲荷神社といえば「商売繁盛」、そのお力は強く、礼節をもって参拝すれば必ず助けて下さいます。
神様への御礼、ご報告はきちんと忘れずにおこないましょう。
とても広大な神社なので時間をたっぷりとって参拝することをおすすめします。

御祭神:宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ) 佐田彦大神(さたひこおおかみ)
大宮能売大神(おおみやのめのおおかみ) 田中大神(たなかのおおかみ)
四大神(しのおおかみ)

鎮座地:京都府京都市伏見区深草藪之内町68
お問い合わせ先:075-641-7331
伏見稲荷大社のWebサイトを見る