いせじんぐう


伊勢神宮(いせじんぐう)

伊勢神宮(いせじんぐう)

日本人ならば一度はお参りすべき神社、日本人の心のふるさとです。
伊勢神宮はすべての神社の頂点に位置し、皇室の奥の院であり、日本人の心のふるさとであり、国家を守り、繁栄させる次元に位置する神社です。神宮は内宮と外宮を中心とする125社の総称です。
ちなみに、天皇に受け継がれる三種の神器の一つ『八咫鏡ヤタノカガミ』は内宮に納められています。
正式な参拝方法は先に外宮に行き、その後内宮に参拝します。

豊受(とようけ)大神宮(だいじんぐう)(外宮)
正式名称は豊受大神宮といいます。御祭神は豊受(とようけ)大神(おおみかみ)です。豊受大神は天照大神の食事を司る神様として、今から1500年前に迎えられました。
雄略(ゆうりゃく)天皇は、夢の中で天照大御神のお教えをお受けになり、豊受大御神を丹波(たんば)の国から、内宮にほど近い山田の原にお迎えされました。
豊受大神様は食物、穀物、衣食住などあらゆる産業の守り神です。
なお、外宮では毎日朝夕の二回、天照大神様に神饌をたてまつるお祭りが鎮座以来、一日も欠かすことなく続いています。

皇(こう)大神宮(たいじんぐう)(内宮)
伊勢神宮(いせじんぐう)|内宮 五十鈴川
正式名称は皇大神宮といい、天照大神をお祀りしています。天照大神は我が国で最も貴く、国家の最高神です。お宮は2000年以上の歴史があります。
自然あふれる敷地内に五十鈴川が流れています。神々しい空気に包まれ、静寂で厳かな気持ちになれるでしょう。

もちろん自分自身の現実的なお願いをするにははばかれます。日本・世界平和など大きな事をお願いするのにふさわしい場所といえます。
心の中からまっさらに、正しくなれる神社です。

また『式年遷宮』という20年に一度の大祭があります。正殿をはじめ建物全てを建て直し、神様を新しいお宮にお遷しします。最初の式年遷宮は690年、それ以降1300年にわたって続けられています。平成25年に第62回目の式年遷宮がおこなわ新しいお宮になっています。

【一言メモ】
個人的に年に1回は必ず参拝させていただいています。
まだ一度も参拝されたことがない方は是非参拝して下さい。
日本の最高神がお祀りされている神社です。

外宮・内宮では、参拝者の祈願を神様にお取次ぎする『御神楽』を申し込む事ができます。この世のものとは思えない素晴らしい神楽は一見の価値ありです。参拝された際には是非申し込みをおすすめします。
(初穂料は15,000円~)
また正宮に参拝した後は必ず「荒祭宮」への参拝も忘れずに。
このお宮は天照大神様の御荒魂が祀られていますので個人な願いごとはここでお伝えすると良いでしょう。

伊勢参りのもう一つの楽しみは「おかげ横丁」。
「赤福」や「伊勢うどん」は伊勢の名物品です。江戸時代にタイムスリップしたような町並みで是非伊勢参りを楽しまれて下さい。

伊勢神宮(いせじんぐう)

伊勢神宮(いせじんぐう)


  • ※外宮・内宮では、参拝者の祈願を神様にお取次ぎする『御神楽』を申し込む事ができます。この世のものとは思えない素晴らしい神楽は一見の価値ありです。参拝された際には是非申し込みをおすすめします。(初穂料は15,000円~)

御祭神:武甕槌大神(たけみかつちのおおかみ)

鎮座地:三重県伊勢市豊川町(外宮) 伊勢市宇治館町(内宮)
お問い合わせ先:0596-24-1111
伊勢神宮のWebサイトを見る