おおあらいいそさきじんじゃ

開拓・開運・医薬の守護

大洗磯前神社

大洗磯前神社『文徳実録』によると、文徳天皇の斉衡3年(856年)12月29日に常陸国鹿島郡大洗の里に神様が現れたとされています。その神様は里人に「われは大己貴命(おおむなちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)である。昔、この国を造り終えて、東の海に去ったが、今、人々を救うために再び帰ってきた」とおっしゃいました。当時の記録によると、たびたび地震が発生して人々は動揺し、国は乱れていたといいます。こうした混乱を鎮め、平和な国土を築くために神様は降臨されたのです。
大己貴命(おおむなちのみこと)は国土開拓、殖産興業の神様として、また大黒様ともいわれ福徳を授ける神様として知られています。

少彦名命(すくなひこなのみこと)は医学の祖神と仰がれ、家内安全、商売繁盛などの神様として信仰されています。

大洗磯前神社太平洋海上の岩の上に建つ鳥居は「神磯の鳥居」とよばれ、とても美しく誰もが手を合わせて感謝を述べたい気持ちになるでしょう。最初に神様が降臨した岩礁に建てられています。神社の敷地内からは太平洋が一望でき、清々しく気持ちのよい神社です。また、氏子からは親しみをこめて「大洗さま」と呼ばれています。

【一言メモ】
海岸にある「神磯の鳥居」がとても美しい神社です。
小高い場所に鎮座しているので太平洋が一望できる気持ちの良い神社です。
この神社では「湧き水」がいただけます。
礼節を持っていただいて下さい。

大洗といえば何といっても豊富な海産物です。
美味しいお刺身や海鮮丼、直売所も多くあるので観光も楽しめます。

御祭神:大己貴命(おおむなちのみこと)少彦名命(すくなひこなのみこと)

鎮座地:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
お問い合わせ先:029-267-2637
大洗磯前神社のWebサイトを見る