かさまいなりじんじゃ

商売繁盛・開運招福

笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)

笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)

笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)

笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)|献燈祭

「笠間の菊まつり」は日本で最も古い菊の祭典

笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)|笠間の菊まつり笠間神社は茨城県笠間市に鎮座されています。日本三大稲荷(伏見稲荷、祐徳稲荷、笠間稲荷)の一つとして全国的に有名で創建は651年、1350余年の歴史ある神社です。
御祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)です。

笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)ご祭神の宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)は食物をつかさどる神で、むかしから食物の神、農業の神として親しまれてきました。
商工業が盛んになるにつれ殖産興業の神としての信仰も広がり、現在では稲荷神=商売繁盛の神としての信仰が広まっています。
キツネを信仰するようになった由来は、神道の考え方である「山の神、田の神」からきているようです。昔、田植えの時期になると山からキツネが降りてきて、稲刈りが終わるとキツネも山に戻っていくことから「キツネは神様のお使い」、つまり山の神・田の神のお使いだと言い伝えられたそうです。
ここが勘違いをしやすいのですが、神様は宇迦之御魂神であってキツネが神様ではありません。あくまでも神様のお使い、ご眷属です。
ですから「お稲荷さん」にお願い事をするのではなく宇迦之御魂神にお願いごとをしましょう。
商売繁盛の神様として力を貸してくださる心強い神様です。

【一言メモ】
笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)長く参拝させていただいている神社の一つです。
神社で開催される菊祭りは日本でも最も古く、歌手・坂本九さんが挙式されたことでも有名です。
神社正面の商店街に「いなり寿司」を売っているお店がありますが、茨城流でとても大きく食べ応えがありおすすめです。

御祭神:宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)

鎮座地:茨城県笠間市笠間一番地
問合先:0296-73-0001
笠間稲荷神社のWebサイトを見る