きんかざんこがねやまじんじゃ


金華山黄金山神社(きんかざんこがねやまじんじゃ)

金華山黄金山神社(きんかざんこがねやまじんじゃ)金華山黄金山神社(きんかざんこがねやまじんじゃ)|参道

金華山黄金山神社(きんかざんこがねやまじんじゃ)|野生の鹿

金華山黄金山神社(きんかざんこがねやまじんじゃ)

三陸沖に浮かぶ金華山の中に、金華山黄金山神社があります。この神社の言われは今からおおよそ1250年前にさかのぼります。
聖武天皇の時代、みちのくの山で初めて金が産出し、陸奥の国守が朝廷に献上しました。この産金を祝って、金華山に金をつかさどる金山毘古神(かなやまひこのかみ)・金山毘賣神(かなやまひめのかみ)を祀り、創建されたのが金華山黄金山神社です。
神仏混淆時代は弁財天を祀って金華山大金寺と称し、多くの人々の信仰を集めました。

金華山黄金山神社(きんかざんこがねやまじんじゃ)ここの弁財天は日本五大弁財天としても有名です。

金華山黄金山神社の神様は『3年続けて参れば、一生金に困らせまいぞ』といわれる金運の神様でもあり、弁財天を祀っていることから芸術の神様でもあります。

金華山黄金山神社(きんかざんこがねやまじんじゃ)金華山の島全体が神域で、船で島に渡ります。島には野生の鹿が生息しており、海がコバルトブルーに輝いていてとても神秘的な場所です。
金華山は国定公園にも指定されており、島を一周できるウォーキングコースもあります。
神社では湧き水を頂く事ができます。

【一言メモ】
私自身、長く信仰させていただいている神社です。
最初に参拝したときはスムーズに行くことができず何度も神試しにあった思い出のある神社です。
(※詳しくは 3年続けて~本をリンクお願いします)
真剣な思いでお願いすれば必ず願いを聞き入れて下さる神様です。
特に金運に関してはとても強い神様で私自身が経験しているので間違いありません。
神様は何でもお見通しです。
欲張らず、見返りを求めず参拝されてください。

御祭神:金山毘古神(かなやまひこのかみ) 金山毘賣神(かなやまひめのかみ)

鎮座地:宮城県石巻市鮎川浜金華山
問合先:0225-45-2301
金華山黄金山神社のWebサイトを見る