読み込み中...

大開運 柴山壽子事務所ロゴ

方位学について

方位学とは科学的なもの

別名「知識の学問」「動の運命学」といわれる方位学は陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)など様々な学問が一体化したものです。陰陽五行説の思想は宇宙や自然の成り立ちを説いた深遠な東洋哲学であり、現在でも中国の思想や医学の根幹を成しています。

家相の木の説明

方位学とはとても単純なお話で、図のように木の移し替えをイメージしていただくとわかりやすいと思います。図Aのように土壌に恵まれてスクスクと育っていた木も、環境の悪い場所へ移し替えると月日を経るごとに枯れてしまいます。これは人間で言うと病気や会社の倒産のような不幸を呼び込んだ状態です。逆に、図Bのように環境が良くない、痩せて元気のない木でも、好環境・好条件の場所へ移し替えてあげるとスクスクと育ち始めます。方位学の考え方も基本的に同じことで、あなたにとっての吉方位へ移動することが開運をつかむ何よりの一手となります。

吉凶、動より生ず!

人はかならず、望む望まないにかかわらず動きがあります。
旅行・移転・結婚・引っ越し・・・など必ず何かしらの行動をしています。「吉凶、動より生ず!」とは、それら行動がのちの良し悪しにつながっていくことを表しています。

「家相」とは

人相・手相・印相というように家にも家相という言葉があります。家相というと古い迷信のように思われがちですが、私たちの住む家は太陽・土壌・大気・磁力など自然のもつエネルギーを強く受けています。家相とは、これら様々なエネルギーが行き交う家屋の中でいかに人間が快適に暮らせるかを、古来から追求されまとめられた知識のことをいいます。

開運に通ずる2大運命学

動の運命学

あなたの悩みや問題、たとえば金運や恋愛運、また事業運に健康運…と、望む事を叶えてくれるのが方位学です。「あなたがどうなりたいか」「どういう目的があるのか」それに応じて積極的に働きかけ、今ある問題をどう解決していくかという点を重要視し、鑑定によって「どの時期、どの方角へ移動するのか」というあなたの「動き」で問題を解決していくため、方位学のことを動の運命学と呼びます。

静の運命学

家相は「静の運命学」と言われています。凶相の家に住むと健康面、精神面、仕事面、家庭面、恋愛面、など全てに対し影響が出てきます。動の運命学ほどすぐには吉凶が現れませんが、時間をかけて影響が出てくるところから静の運命学と呼ばれています。

方位学鑑定のご依頼はお電話・メールフォームより承っております
東京都と茨城県に鑑定事務所をご用意しております。
どちらで鑑定を行うかもご相談いただけますので、詳細はお問い合わせくださいませ。